FC2ブログ
音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
Led Zeppelin
1972.12.16
Birmingham Odeon, Birmingham, England


Source : Sweet Brummy Roll (Empress Valley EVSD 243-245)

CD 1:
1.Introduction
2.Rock'nRoll
3. Over the Hills and far away
4.Black Dog
5.Misty Mountain Hop
6.Since I've been loving you
7.Dancing Days
8.Bron-Yr-Aur Stomp
9.The Song remains the same
10.The Rain Song

CD 2:
1.Dazed and confused
2.Stairway to Heaven
3.Whole Lotta Love
4. Heartbreaker

最近はBIGな発見がないZEPPELIN、72年冬のUKツアーよりバーミンガム公演。

遠目だしヒスノイズ多いしで良い音とは言えませんが、楽器間のバランスは良いので聴けないことはありません。本ツアーは会場が小さいからかどの公演も同じような音なのが特徴ですね
ソースとしてはこれしかないようで、EVのタイトルは出ていない低音をイコラで出してる分ロージェネを謳ってるテープソースより聴きやすいかと思います。

プラント筆頭にバンドの調子も爆裂と言うほどでない、また客もあまり盛り上がらなということで、平均してあまり面白みのないツアーではありますが年明けと比較すればまだバンドとしてまとまっている分、聴こうと思わせるものもあります。

プラントの故郷ということでやる気になって・・・はいません笑
まあやる気というより故郷だからこそのリラックス感が前に出てる感じ。これはこれで魅力がある演奏で、名古屋公演と同種の雰囲気を感じます。
日本ツアーから全く調子の上がらないプラントはもはやオリジナルのメロディーを諦め、73年モードと化しています。それでも要所は高いキーを出そうしてるのが逆に全力出してない感を醸しており、他3人の好調なプレイとギャップになって寂しい・・・プラント単体ではこの日が底かもしれません

前後の公演(ニューカッスル・ロンドン)と比べても聴きどころは少ないですが、事件は「Rain Song」で起こります。
序盤でジョンポールジョーンズのメロトロンが故障、以降はオルガンに替えているため普段とは全く違うレインソングとなっています。これはこれで貴重なテイクですが、同曲独特の空気はメロトロンこそが作っていたこともわかります。

熱が入ってくるのはやはり「Dazed」以降で、同曲のインプロは展開が固まっているとはいえ勢いを失わない良い演奏です。ラストに「In The Light」のリフが飛び出すのにはニヤリ。全盛期はこうしてライブで新しい展開を試しながら新曲を練っていたことがよく分かります。

テープスピードがおかしくてヘロヘロな「天国の階段」はジミーの素晴らしいソロからの前曲ですべて使い果たしたプラントによるテープスピード以上のヘロヘロメロディーでずっこけてしまいますが「Whole Lotta Love」「Heartbreaker」でチャラということで・・・この時期はプラント次第の部分はありますが、平均して一定以上の演奏はしていると思います。この日はその平均点といった感のある演奏ですかね
2018/08/17 03:08 BOOTLEG:ZEPPELIN TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1552-7e69fdb9
ブログ内検索
FC2カウンター