FC2ブログ

Passion And Warfare

上手く行かないときはすべてが裏目



ロック界一の鬼才ギタリスト、スティーヴヴァイのソロ2nd。1993年発表。
↑の動画はアルバムとは関係ないVai様のスーパーセンス炸裂なライブ動画です。ほんと斜め上

HRヒュージョンブルース民俗ブギウギ前衛何でもござれをごった煮にしつつVAIにしかできない統一感で纏め上げ、何とも不思議な魅力が醸されてきます。ギタープレイヤーのソロ=ギター弾きにしかアピールしないという法則などお構いなしですね。この手のアルバムではありえないくらいバカ売れしたそうで

これだけのオリジナリティとテクを持ちながらそれに溺れぬ飽くなき探求心と変容を恐れぬ変態心には感激さえします。この姿勢は彼独特の性格や宗教観に負うところも大きいですが、決定的だったのはやはりフランクザッパとの出会いであろうと。このロック界ってか西洋音楽の誇る一大奇才に認められて一緒に音楽やってたってのは何にも代えがたい経験であり、当時10代だったVAIのその後を決定付けたであろうことは想像に難くありません。
本アルバムのみならず彼の作品にはそこここにZAPPAを感じることができます。本アルバムでは「Audience is listening」でのユーモア。ザッパよりは相当に分かりやすいですが、やってることは同じではないかと思います。僕もザッパ全作品聴いたわけではないのであれですが

この人の作品は彼独自の宗教に基づいているためそのへん苦手って人もいるかもしれませんが、「ギタリストのソロアルバム」としては出色であること間違いありません。好き。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター