FC2ブログ
音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
暇に任せて古城探訪。
岐阜を出て犬山を経て小牧山まで車でぶらぶら出かける旅程…これは小牧長久手の戦いにおける羽柴軍の行軍と同じやね熱い

犬山で知ってる店で昼食のはずがナビの通り何回行ってもたどり着かず、実は潰れてて更地になってるという…そら見つからんわなと。また僕を育ててくれた景色があっけなく灰になりました。しょうがないので昼飯はコメダコーヒー…カツサンドおいしいね

国宝犬山城は馬鹿みたいに混んでいたので遠くから見て華麗にスルーして、小牧山への道程。
新しい道通らずにちゃんと羽柴軍道程をなぞる。このあたりは濃尾平野の端の平地なので、小高い丘や古墳なんかは基本陣地になっていた模様…1時間も車を走らすとぽつんと山が見えてきます。あれが小牧山城。この辺りで城建てるにはこれ以上ない立地ですね。

100-4283S53B-Edit.jpg

この小牧山は神君家康公開府に至る出発点として尾張藩より特別に大事にされ江戸時代は一般の入山は禁止されており、結果遺構が良く保存されていたのが、それをぶっ壊し市庁舎を建てるという…戦後県土経済成長期の弊害を感じる。
近年ようやっとその大切さに気付いた自治体は下山し手前に真新しい新庁舎を建設し、ぶっ壊した巨大な土塁も復元されています。

この城は高速道路から見えることもあり東海人にとっては結構馴染みのある城で、同時にコンクリの城が建ってるだけというしょぼいイメージしかないように思います。少なくとも僕はそうでしたが、近年になって大掛かりな発掘作業が行われ、その威容が明らかになりそのイメージが大いに転換したことは喜ばしい。麓から一直線に伸びる大手道、自然の地形を利用した堀等、遺構が良く残っておりまた整備されている印象。発掘作業の成果をパネルで示してるのも良いですね

isgk.png

主郭部分は巨石を用いた石垣を三十にめぐらし、来訪者にその威容を見せつけるもの、後の安土城天主と同じ設計思考を見ることができ、天守閣の嚆矢でもある重要な遺跡であることが確認されました。…だけに、昭和年間に地元の名士が建てた、建造時の天守を無視したコンクリ天守閣が残念ともいえます。リニューアルされて見れるものにはなってましたが。

tenbou.png

周りに山もないため、展望は非常に良い。
犬山、岐阜、清州まで一望できるこの山が、尾張、美濃にとっていかに重要な拠点であったかは、信長後の小牧長久手の戦いにおいて家康により真っ先に本城跡を奪取したことでもわかります。
同じ信長の城でも、城跡を東海道線がぶった切ってしまった清州城とはえらい違いやなあとなる良い城でした。小谷城みたいに登山するほど高くもないしね。
2017/09/21 19:12 歴史 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1491-36e895a7
ブログ内検索
FC2カウンター