FC2ブログ
音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
本格的に寒いですね。ついに暖房始動しました



岡本喜八監督作品『血と砂』1965年作。

同監督作品は『日本の一番長い日』しか見たことありませんが、ファーストカットから岡本映画と分かる個性というか、アクの強さがありますね、独特の勢いがあります。白黒のコントラストの強さ、カット割りの多さ、役者の顔大写し等。好き嫌い分かれるんじゃないですかね、好きな人は目茶目茶好きみたいな。

本作も例に漏れません。
時は終戦間際の中国戦線の荒野、に高らかに鳴り響くディキシージャズ「聖者の行進」、13人の青年兵が軽快に振付ながら無人の荒野を「パレード」する、というこれ戦争映画?ミュージカル?コメディ?何が何やら感。このままハチャメチャに突っ走るのかという予想は、馬に乗った三船敏郎曹長(遠景だけで三船と分かる乗りこなしっぷり)により裏切られ、これがちゃんとした戦争映画だと判明します。このへんのギミックは流石

狂ったように演奏してた青年兵は音楽学校出たての新兵であり、ろくに武器持ったことないわ戦闘時にも楽器手放さない等ありえない設定なんですが、三船と上官役の仲代達也の「正統派な演技」が、戦争映画からの脱線を押し留める役割を果たしています。特に三船敏郎の頼もしさは異常笑この楽団率いてでも勝てると思わせます。『日本の~』でも狂気的熱演してた佐藤充、黒澤映画でもおなじみの伊藤雄之助も素晴らしい。

終戦間際という悲壮感は殆ど感じられず、また戦争映画にあるテーマを全部ぶっこみながらそれらをことごとく軽く流し、代わりに全編を支配するのはジャズの軽快なリズムであり、それに乗せた13人の青春群像、の皮を被った反戦映画。
こんな風に「戦争は悲惨で愚かである」ことを言ってしまう岡本監督のセンスに脱帽です。
2017/10/19 19:10 映画 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1481-091bf553
ブログ内検索
FC2カウンター