音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
最近ソファで寝落ちしてしまい、翌日体調ぶっ壊れる事案が多発…今日も腹壊してしんどい



『ジュラシック・ワールド』2015年作

94年の名作『ジュラシックパーク』の、良く言えば1作目への愛に溢れた、悪く言えば焼き直しな映画かと。
CGの進歩には目を見張ります。ここは流石に本作に分がありますが、いかに恐竜たちがリアルでも、話が面白くない。超頭良くて体温調節からカメレオン機能までついてるハイブリット恐竜はまあありとしても、脱走したそいつを調教したラプトルに狩らせようとするも恐竜同士が会話して裏切るとかでも主人公との絆でまた共闘とかやっぱりTレックスだとか。あと登場人物が皆アホすぎ。恐竜脱走した!→GPS埋め込んであるから追跡しよう→その前に檻に入っちゃお実は脱走なんてしてねえじゃんぎゃー(ry
脱走恐竜のせいでパーク大パニック→パーク責任者「ヒロイン脱走の収拾より姉夫婦子供の捜索が先やわ」→→統括不在のため現場大混乱。自らヘリ駆って恐竜退治に出かけた社長は雑に死亡…脚本家は何やってんだ(ry

最近の映画を見てて思うのですが、場面ごとのシークエンスは面白い(翼竜大群観光客を襲う/調教ラプトルと並走するバイク/ハイブリットvsTレックス)んですが、「撮りたい場面ありき」の集合体な印象で、その面白いシーンが映画全体を見渡した時に、必ずしも必要か?という感すらあり。これじゃCG見本市やなと
また登場人物の行動に一貫性がない、または存在感がない(この映画ではアホ)ので、なかなか感情移入して映画が見れない。

いやそもそもこの類の映画に脚本云々を言うこと自体がナンセンスで頭空っぽで楽しむべきか等、エンタメではあるが何かモヤっとする、そしてやはり1作目の偉大さを改めて思い知らされる映画でした。
2017/08/07 16:25 映画 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1472-c9c261c6
ブログ内検索
FC2カウンター