音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
新春の東京国立博物館。
毎年新年に因んだ展示がと松林図屏風が出展されております。
また土曜は20時までということで、ダラダラでかける。

当博物館をじっくり見ようと思うと1日では到底足らないわけで、あっという間に過ぎる時間と奪われる体力…良く椅子で寝ている人がいるのは理解できます。

先ずはお目当て『松林図屏風』
18時過ぎにも関わらず国宝室には人だかりが…さすがの人気ですね
やはりすごい絵。能登の湿気が匂ってきます。遠くから俯瞰しても近寄ってみても溜息しか出ない
この筆の運びは、もはや意図せず意図する、描かずして描く。こんな風に絵が描けるもんかという。技量の果てに技量を捨てたその向こう、とでも言えばいいでしょうか。
来歴等不明なのも興味深いところですが、このレベルだと作者が誰とかもう関係ないですね。日本人による絵画の最高傑作だと思います。これに匹敵するものがあったら教えていただきたい見に行きます。

時間もあるんで普段見ないとこを回る。
帰郷以後、江戸時代とか調べてるんで武具コーナーへ…普通に榊原康政の甲冑とか展示してあってすげーとなる。やはり徳川譜代藩祖の持ち物は大事にされてきたんでしょうね…どの甲冑も持ち主が分かっているようd

IMG_3818.jpg

「美濃岩村藩初代藩主松平家乗所要の甲冑である」
マジで!?と思わず叫ぶなんという奇遇。完全に呼ばれてましたね
遠く400年前の藩主の持ち物が今ここにあるというのは何とも不思議な気持ちです。

2017/06/25 23:44 美・探訪 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1434-63c3e388
ブログ内検索
FC2カウンター