音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
台風一過の台北…

そこら中木が倒れてるし看板落ちてるし、凄まじいありさま・・・日本では見ない光景です。かなり長時間台湾上空にいましたからね
ということで今日も休日、出かけるかということで地下鉄を乗り継いで

IMG_3444.jpg

中正祈念堂。
初めての海外休日が台湾でほんと良かった。鉄道関係は自動券売機で分かりやすいし日本語表示も多く、上海とかだったら外出れない(嘘

中正祈念堂とはその名の通り、蒋介石を顕彰するためのお堂です…台湾人曰くあれは風水的にはどう見ても墓だとのことで、祈念堂だし蒋介石の遺体も別の場所にありますが、皇帝陵の延長線上といえそうです。

公園と言うには広すぎる敷地は市民の憩いの場となっており、この日も台風で外出できなかった反動か結構な人が思い思いに過ごしておりました…かく言う私は一人寂しく、というかそんな余裕もないくらい暑くて、うだっていたところいかしたフィリピーナ集団に声かけられて写真とってあげてなぜか一緒に写真とって等(ryいやほんと暑かった。最近日本が涼しいから余計

祈念堂から広場を見た光景。

IMG_4128.jpg

左右にあるのが演劇と音楽のための建物(これもでかい、寺みたい)、そして奥にお堂という構図からして本広場全体が複合的な蒋介石のための空間であることを物語っています。手前のこれまた糞でかい門は、掲げられてる「自由広場」という言葉が?だったのですが、民進党への政権交代時に架け替えたと知ってなるほどと。一時は中正祈念堂と言う名前も変わってたということで、蒋介石が絶対的存在ではなくなって久しいようです。

そら大多数の台湾人にとっては日本が出て行ったと思ったら入れ替わりでやってきた支配者であり、また国民党にとってはあくまで一時的避難であったために蒋介石の時代には都市整備は行わなかったそうで(だから日本時代の建物が多く残ってるということでもある)、そういう歴史も現在の台湾人には良い印象とはっていないようです…しかしもうちょっと例えばホーチミンみたく尊敬されてるもんかと思ってましたが。本件に関しましては、もう少し聴き取りサンプルを増やしていきたい所存です。脱線。

近づくにつれその巨大さに笑ってしまう。もうお堂じゃない
生憎この日は台風の影響で中には入れませんでしたが(もう風もないし開けてくれてもいいじゃない!)、有名な儀仗隊が交代時の練習やってました

IMG_1830.jpg

階段の数、向いている方向等本建築の全てに蒋介石の年齢、思想、中国統一への思い等が詰め込まれているとのことで、まじで蒋介石一人のための建築物、これを陵墓と言わずして何という。屋根も八角形だし
中には蒋介石の巨大な銅像が故郷中国の方を向いて座っています。蒋介石の像が座ってるものが多いのはここ発祥なんでしょうか…リンカーンイメージしてると聴いてなるほどと。

遺体は中国奪還後に故郷に埋めるよう遺言したとのことで、蒋介石の想いは分かりますが(ていうかとっとと共産党潰しておけばry)現在の台中関係、また台湾の人々の意識を考えた時、もはや夢のまた夢、歪ではありますが現状維持がお互いにとっても最良であるように思います。中国に取り込まれることだけはやめてほしい。現に香港は変わってしまったようですし
台湾に亡命して国作って長く持った試しがないので、是非このまま続いていってほしいです。世界的に国家と認定されることを願いつつ。

ていうか俺はいつまで台湾にいればいいんだ…
2016/09/29 01:08 歴史 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1417-11f48a43
ブログ内検索
FC2カウンター