音楽/仏像/日々雑感
プロフィール

OGI

Author:OGI
htp di nsw

月別アーカイブ
新大阪に降り立った瞬間『ああ・・・帰ってきた』と思わず感じてしまいます。心はいまだに関西



オリバー・ストーン監督作『Platoon』。1986年作。

これで主要なベトナム戦争ものの名作は見れたことになるのかな?
『ディアハンター』『地獄の黙示録』『フルメタ』等々ベトナム戦争を題材にした映画は数ありますが、ベトナム戦争そのものを真正面から描きだしたという意味では、本作が一番重いのでは。実際にベトナム従軍経験を持つ監督ならではの、現実的な重みが感じられます。

いつ襲い来るか分からないベトコンの脅威は無論として、熱気と湿気と虫が充満するジャングルの不快さとそれにより削られていく体力/メンタルの描かれ方に非常なリアリティがあります。『黙示録』でも汗だくになってた描写はありましたが、まとわりつくアリや蚊を描いたのは本作くらいでは…この不快感で冒頭から「もう嫌」と愚痴ってる新兵役のチャーリーシーンに感情移入できます。しかしチャーリーシーンは良い役者「でした」ね笑。親父のマーティンシーンと揃ってベトナム戦争の名作に出てるのも面白いというか因果

当然ベトナム戦争を正当化することもなく、泥沼の、「何にもならなかった」戦争を、主人公の目を通して小隊(Platoon)にいた2人の人物に象徴させ描写しています。「アメリカは罪深い。この戦争は負ける」という理想主義と、「何が何でも生き残る。戦争なんだから」という現実主義。主人公は最終的に、この矛盾したどちらをも受け入れることで、生き伸びることができます。
「戦争においては何が正しい、正しくないなどということはない」というテーマを見事結実させるプロットだと思います。ヘリで離脱するチャーリーシーンの号泣はまさにこれを体現する名演です。

ベトナムものは何回も見ようとは思えない重いものばっかりですが、また名作揃いであるなと。
2016/10/13 00:21 映画 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jsrk3r.blog77.fc2.com/tb.php/1382-6f7b19c5
ブログ内検索
FC2カウンター